扁桃炎にはクラビットが有効的です

クラビットはいろいろな細菌を殺菌することができる治療薬で、さまざまな病気に利用することができます。
細菌によって生じる感染症は病原微生物などが体に侵入し、悪さを行う病気で腫れや発赤・発熱などを生じます。
この微生物には細菌やウイルス・真菌などが含まれていて、クラビットが有効なのは主に細菌が原因となる感染症です。
この薬は扁桃炎にも有効で腫れや痛みなどを改善する効果があります。
グラム陽性菌や陰性菌、クラミジアなどの細菌にも有効的で、病原菌が消滅すると腫れや痛みなどがとれたり解熱作用があるのでいろいろな病気に対応することが可能です。

扁桃炎や尿路感染症、呼吸器感染症や皮膚感染症などの耳鼻咽喉科領域の感染症によく使われています。
インフルエンザなどのウイルス性の風邪などにはあまり効果がありませんが、細菌が原因の二次感染時や予防のためによく処方されています。
細菌の遺伝情報物質の複製を予防することによって、殺菌的に作用することが可能です。

特徴としてニューキノロンと呼ばれている抗菌薬で、今までの抗菌薬と比較すると抗菌力が強くさまざまな細菌に有効的です。
飲み薬では治療するには難しかった難治性のものにも良い効果を示すことができ、比較的副作用が少ないのでペニシリン系やセフェム系などの抗生物質にアレルギーがある人も使用することができます。
ニューキノロンの中でも抗菌活性が強く、呼吸器感染症などの治療に適しています。
レスピラトリーキノロンと細分類されることがあり、抗菌スペクトルが非常に広く呼吸器感染症などの主要な原因菌である肺炎球菌はもちろん、ペニシリン系といった抗生物質があまり効かないマイコプラズマ肺炎などに対して有効性を示すことが可能です。

成人の場合はレボフロキサシン水和物として、1回100mgつまり1錠を1日2~3回服用します。
症状によって適宜増減することができ、重症や効果が不十分と思われる症状に関してレボフロキサシン水和物として、1回200mgつまり2錠を1日3回服用することが可能です。

ネット通販を利用すると便利です

クラビットは扁桃炎の治療薬として有名で多くの人が利用しています。
クラビットのジェネリックとしてレボクインという治療薬があり、このレボクインはニューキノロン系抗菌薬です。
先発薬であるクラビットと同じ「レボフロキサシン」が配合されていて、扁桃炎や尿道炎、子宮頸管炎などの40種類以上の細菌性疾患に対応することができます。

レボクインの特徴としていろいろな病気に対して利用することができ、扁桃炎やクラミジア属の細菌はもちろん、歯周病の原因であるレンサ球菌にも対応することが可能です。
いろいろな菌種に高い抗菌力を持っていて、抗生物質であるレボフロキサシンが主成分になっています。
クラビットは臨床試験において優れた抗菌力が認められていますが、このクラビットと同じ成分を配合しているレボクインは先発薬と同様に高い治療効果を発揮することが可能です。
レボクインを利用することでいろいろな不快な症状を治療することができます。

病院でレボクインを購入することができますが、インターネット通販などを利用して個人輸入業者を利用すると便利です。
ネット通販にはいろいろな個人輸入業者サイトがあり、リーズナブルな価格でさまざまな治療薬やサプリメントなどを注文することができます。
特にジェネリックを多く取り扱っていて、キャンペーンやセールを利用するとかなりコストを抑えて購入することができるでしょう。
中身が分からないようプライベート包装をしてくれているので、家族や配送業者にも分からないようになっています。
自宅の常備薬として購入している人が多く、急に扁桃炎になった時にクラビットやレボクインなどを備えておくと便利です。