扁桃炎の症状を緩和するには加湿が大切

加湿器

扁桃炎は、扁桃腺が炎症を起こすことによって起こる様々な症状のことを言います。
38度を超える高熱が出ることも多いですし、喉が痛くて水分や食事を飲み込みにくくしてしまいます。
体の倦怠感も強く、インフルエンザに症状が似ていることから、流行シーズンにはその見極めが大切になってくるのです。
扁桃炎の症状の中でも一番辛いのが喉の痛みです。

喉の痛みを緩和する為にできることを考えてみましょう。
まず、喉が痛い時には喉を乾燥させないようにすることが大切です。
部屋の湿度が50~60%に保たれているかどうかを確認してみましょう。
場合によっては加湿器を利用することをおすすめします。
もし、加湿器が無いという場合は、濡れたタオルを干すだけでも対策になりますので、是非やってみてください。
やかんにお湯を沸かし、蒸気を出したり、お風呂場のドアを開けておくなども効果的です。

湿度を保つことで、喉の乾燥を防ぎ、痛みを緩和することが可能です。
張り付くような痛みがある場合、小まめに水分を摂取するようにしましょう。
常に喉が潤っている状況というのが、痛みを緩和させる為には必要不可欠なのです。
また、マスクをしておくというのも効果的でしょう。
最近では、保湿できるシートが間に入っているマスクも販売されています。
寝る時などに付けて寝ると喉が潤い続けるので、寝起きが随分楽になるでしょう。

また、加湿器を使用する際に注意してほしいのが、清潔な状態であるかということです。
水を交換する度に清潔な状態にしておかないと意味がありません。
最近では殺菌作用がある加湿器も販売しています。
アロマオイルなどが使用できるタイプのものもありますが、アロマオイルは症状によっては使ってはいけないものもありますので、その点には注意が必要です。
部屋の加湿を行い、喉を乾燥させないことが症状を緩和させる為には必要ですし、周囲の家族にウイルスをまき散らさない為にも大切なことです。

喉を潤すならのど飴も効果が高い

扁桃炎で喉が痛いと食事すら簡単に摂取することができません。
小さな子供の場合、症状が重くなると脱水状態になってしまうこともあると言われています。
水分すらまともに飲み込むことができない程に辛そうならば、すぐに病院で点滴を行ってもらってください。
脱水は命の危険を伴う大変な状況ですので注意が必要です。
少しずつでも水分が摂取できるうちは対処療法で様子を見ていきましょう。

喉の痛みを緩和する方法としては、上記でも伝えた通り喉を潤すことが大切です。
喉の張り付く痛みというのは大人でも辛いものがありますので、常に潤っている状況を目指してください。
その際に利用してみてほしいのが、のど飴です。
最近では沢山ののど飴が販売していますし、子供でも食べやすいものも多くあります。
レモンやかりんなどの柑橘系ののど飴もありますし、昨今注目されているマヌカハニーなどを使用したものもあるようです。

のど飴を舐め続けることで、喉が常に潤った状態をキープすることができます。
これは、予防にも繋がる方法なのです。
喉の乾燥はウイルスや細菌が付着しやすい状況ですが、常に潤っていれば付着しません。
もちろん、のど飴を食べていれば扁桃炎にならないというわけではありませんが、なりにくくしてくれるのも事実です。
喉が乾燥しやすくなる時期には、のど飴を食べて過ごすというのも必要かもしれません。

どんな対策をしても痛みが引かない、症状が落ち着かないという時は病院に行って相談してみてください。
必要に応じて喉を殺菌してくれたり、症状に合わせて処方薬を出してもらうことができます。
痛みが長引いている時には我慢せずに、相談することをおすすめします。